FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「水の変態」の演奏に思うこと…

砂崎知子箏コンサート【岡崎】はいよいよ4日後に開催されます。

私は5番目の「水の変態」を砂崎知子さんと演奏することになっています。
宮城道雄先生、14歳の処女作「水の変態」の演奏に、心から気持ちを込め
大切に演奏したいと思っています。



思い起こせば、私、この曲との最初の出会いは奇しくも14歳の時でした。
宮城先生が亡くなられた翌年に、第一回目の宮城会教師試験が行われ
その試験に私は「水の変態」で受験したのでした。
14歳の最年少でした。

今考えると、何と大それたチャレンジをしたものかと思うのですが。。。
でも、ご宗家はじめ試験官の先生方は、当時中学生のワタクシの演奏に
合格点をくださったのです。
水が、霧・霰・雲・露・雨・霜・雪と様々に変化し姿を変えるその様子は
子供のワタクシでも非常に魅力的に感じて、演奏していて興奮しました。

そのことが、箏の道へと進む大きな転機になったような気がします。
その後、なお一層箏の道を極めるため上京し、当時のご宗家でいらした
宮城喜代子先生・宮城数江先生の許で更に勉強を重ね、技を磨きました。

砂崎さんとは、その頃からのお付き合いで、コンクールで競い合ったり
演奏会でご一緒したり、一週間ほどの学校訪問演奏旅行で寝食を共に
したり、今考えると、本当に勿体ないくらいの幸せな青春時代を送ったと
思います。

今回、「水の変態」を演奏するに当たり、ワタクシをここまで育てて
くださった宗家先生への感謝の気持ちと、いろいろな場面で協力を惜し
まず、私を応援してくれた周りの方たちへのお礼の気持ちを込めて
演奏したいと思います。

そして、ワタクシのこれまでの演奏活動の集大成とも思えるこの舞台に
共に演奏をして私を引き立ててくださる親友の砂崎知子さんに、心から
「ありがとう~!!!」と申し上げたいと思います (^^♪ヽ(^o^)丿

23日まであと4日。良い思い出になりますように。。。
宮城道雄先生、どうぞ見守っていてください♪


スポンサーサイト
  1. 2011/09/19(月) 01:55:00|
  2. イベント
  3. | コメント:5